皆様ご存じの中村裕介さんが歌う『横浜市歌』は、森鴎外の作詞により1909年(明治42年)7月1日に行われた『横浜開港50周年記念祝祭』で初披露されました。以来、市民に歌い継がれて今年で100周年を迎えます。
そこで今回、中村裕介さんは『横浜市歌』誕生100周年を記念して『横浜市歌』を正調バージョンで歌ってくれました。
●『横浜市歌 正調バージョン』がお聴きになれます。クリックして下さい。→
 
   沖鶴エイサー会の伝統芸能エイサーの演舞は何度観ても良いですね。梅雨空を吹き飛ばすような勇壮な大太鼓、締め太鼓の響き、二人の地謡の三味線と歌声、そして衣装。 それらが沖縄特有の風土や文化を醸し出しているかのようです。
さて、今回の見どころは何といっても最終ステージのROXVOXとのコラボです。沖鶴エイサー会のメンバーとROXVOXのハマっ子じゃんダンサーズが一緒になって『ハマっ子じゃん』を踊ってくれました!
エイサーの衣装のまま『ハマっ子じゃん』を踊るのもなかなか様になりますね。
 


       
         沖鶴エイサーの皆様とハマっ子じゃんダンサーズの見事な踊りに大歓声でした!

●『ハマっ子じゃん』がお聴きになれます。クリックして下さい。→

TOP | 特別パネル展・クイズラリー | フリマ・サッカー教室イベント写真集 | 過去のイベント一覧
Copyrights ©2009,Mitsui O.S.K.Kosan Co.,Ltd all rights reserved.